はなぐまの日々の報告書

我輩ははなぐまである

07/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

【報告書No.02:デュプレライト】

R化が来てはや一週間が過ぎようとしています。
PT狩りが殆ど出来ていない自分ですが、ソロ狩りで何とかJobLv11まで上げる事ができました。
取り敢えず全体支援スキルの基本である「クレメンティア」と「カントキャンディダス」はMAXまで上げました。
問題はそこからで、一体なにを先に取ればいいのやらといった感じです。
悩んだ挙句「エクスピアティオ」という詠唱軽減スキルが強そうだったので、自分はそれを目指すことにしました。
その前提であるスキルが、今回の報告書のタイトルにもなっているスキル「デュプレライト」です。

【デュプレライト】
MaxLV : 10
習得条件 : アスペルシオ 1
系列 : アクティブ
内容 : 二つの神聖な光を召還、近接攻撃の時目標に追加ダメージを加える。
二つの光のうち、一つは物理攻撃力ダメージを、もう一つは魔法攻撃力によるダメージを与える。

レベル 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
消費SP 55 60 65 70 75 80 85 90 95 100
物理攻撃力ダメージ 110% 120% 130% 140% 150% 160% 170% 180% 190% 200%
魔法攻撃力ダメージ 220% 240% 260% 280% 300% 320% 340% 360% 380% 400%
持続時間 90秒 120秒 150秒 180秒 210秒 240秒 270秒 300秒 330秒 360秒
発生確率(物理) 12% 14% 16% 18% 20% 22% 24% 26% 28% 30%
発生確率(魔法) 12% 14% 16% 18% 20% 22% 24% 26% 28% 30%

blog01.jpg
これがデュプレライトを使用したときのエフェクトです。
二つの光の玉はまるでモンクの気弾の様です。
アクティブスキルですが、一度使用したら効果時間中は効果が切れない為、ダブルアタック等のパッシブスキル、またはオートスペルに非常に酷似しているスキルといえます。
モンスターを近接攻撃で殴ると一定確率でデュプレライトによる追加攻撃が加えられます。
追加攻撃には物理攻撃と魔法攻撃の二種類があり、どちらも個別に発動します。
自分のデュプレライトは現在Lv3なので、発動率16%、物理130%、魔法260%の性能です。
実際に画像でダメージの変動具合を見てみましょう。

Atk :87+155
MAtk:82+28
武器:+4グランドクロス(聖属性鈍器)

物理ダメージ
blog03.jpg

魔法ダメージ
blog02.jpg

やはりというか、そこまで威力はありませんね。
自分のMAtkが低いせいもありますが、特に魔法攻撃の方は本当に微々たる物です。
物理ダメージの方はそれなりにダメージ出るものの、やはり微妙といわざるを得ないでしょうか。
そして発動率ですが、スキルの説明上では16%しかないはずですが、結構な頻度で発動していました。
殴りに特化したステータスでそれなりの武器を使えば、十分に追加火力となり得そうです。

以上、「デュプレライト」に関するレポートでした。
これからもスキルの詳細が解明され次第、記事にしていこうと思います。

category: 日常の報告書

[edit]

page top

« 【報告書No.03:新たなる騎士道】  |  【報告書No.01:新世紀へ】 »

コメント

あれ?

いつの間にかブログ名が変わっている(^ω^)

黒騎士くろべぇ #- | URL | 2010/07/17 18:50 | edit

>黒騎士くろべぇ 様
ROの方がR化というこで心機一転新しいブログです。
前の記事全部消して内装変えただけですがネ!

銀@はなぐま #mQop/nM. | URL | 2010/07/23 20:49 | edit
page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://ginnro.blog27.fc2.com/tb.php/2-f807e1be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。